まあのんびりと

もりーライブ

直太朗のライブ、観にいきました。

なんとも2年ぶり?くらいな。。

ずっと観にいきたかったんですが、
時間が取れなかったりで。。


やはりウマイですね~。(言うまでもないですが。。)
前よりも更に声が伸びるように出ていた気がします。

優しい歌声とは裏腹の、ちょっと適当なライブトーク。
そしてライブダンス。(なんだ~あのステップは…笑)

遊び心に溢れたトークは、
以前にも増して心の余裕を感じました。
昔は少し、ダークなものを引きずっていたような気がするのですが、
それが殆ど感じられませんでしたねー。。
(前も前で好きだったんですが)

アドリブの効いた、センスあるお客とのやり取りでした。
生きとし生けるものへ の直前に、蚊とハエのハーフみたいな虫の命を絶った話って。。(笑)

そんなトークとは打って変わった、優しくて深い歌声でした。(さすが、健在ですね…)
「生きてることが辛いなら」 「なんにもないへや」 なんかが、自分はすごくジーンと来ました。

何かを色々乗り越えて、ひときわ人間的に大きくなって帰ってきたんだなぁ~…という勝手な感想。。
そしてまたちょっと遠くに行ってしまったような寂しさも これまた勝手に持ちつつ。。
でも、それがあるからこそ、あの深みのある歌声なんでしょうね。
過去も今も、まじめさも適当さも、その全てで、森山さんです。


また行きたいなー。^^
[PR]



# by riya-wan | 2010-09-20 21:14 | 直太朗

海猿

イトウちゃんの海猿、観ました。

今回は3Dでしたね。


新米潜水士に対する、仙崎の言葉の1つ1つが良かったですね。

自分が仙崎の立場だったら、ここまでできるのだろうか、
なんてことを考えながら観ました。

そしてもし、そこから永遠に帰れないとしたら。。

もちろん、自分がもうこの先生きることができないのだという恐怖は根本にあると思いますが、
残す家族や大事な人たちが、自分がいなくなったらどうなるのだろうか、と考えると、
死に切れないような思いが残る気がします。

常日頃、後悔のない生き方をしていたいものですが、
人間、ぬくぬくとしている状況ではなかなか贅沢にバカみたいな日常を過ごしてしまうもので。。

レガリアを沈めるということが実際計画として選択し得るのだろうか~なんて
現実的なことをぼんやり考えてしまいましたが、
一つの映画として、ストーリー性や映像など、一般的に観る分には文句無しです。

時間があれば観てみる価値はあると思います。
[PR]



# by riya-wan | 2010-09-20 20:55 | 鑑賞(関心・感想)

ハナミズキ

ハナミズキ観ました。

特にとりわけ興味を持っていた訳ではないのですが、
時間的にちょうど良いので、ということで。


こちらも、途中途中泣けました。

目指す方向の違う者同士が、同じ道を歩んでゆくという難しさというのは、
やはり「気持ちがある」というだけでは難しい部分もあるよな、と感じました。

山場は、映画の中程から後半にかけての部分でしょうか。

登場人物たちの葛藤や、
思いが残ったまま違う道を歩んでいるという どうしようもない状況での複雑な心境など、
思わず感情移入してしまう部分がありました。

ラストは…ハッピーエンドといってよいのでしょうか。
…誰かが幸せになれば、辛さを味わう人もいるよな、という思いを持ちつつも、
中盤の切なさが大変良かったので、
映画評論家的な人でなければ、オススメしたい映画です。

遠距離恋愛とか、お互い違う道を選んだ、なんていう恋愛経験のある人は、
涙無くして見れないのではないでしょうか。
[PR]



# by riya-wan | 2010-09-20 20:38 | 鑑賞(関心・感想)

アリエッティ

アリエッティ観ました。

「意外に結構おもしろかった」

という感想です。


きっと全然宮崎さんのジブリっぽさはないんだろう、
と思いつつ観にいったのですが、

絵や、ややファンタジックなストーリー展開など、
ジブリっぽさが隋所に見られました。

作品全体のクオリティも、かなりよかったと思います。

感覚的には、「耳をすませば」の方向に似てるかなという感じでした。
ややおとなしめのファンタジーなジブリ。

恐らく、素直に見れば楽しめる映画ではないかと思います。

多少の興味を持っている方であれば、
ぜひぜひ観てみることをオススメします^^
[PR]



# by riya-wan | 2010-09-20 20:21 | 鑑賞(関心・感想)

ひさびさの投稿

気付けば半年以上 投稿せず・・・

忙しかったとはいえども、荒れ放題のブログになってしまいマシタ。。


仕事の方は・・・ちょい疲れ気味??

頑張りすぎというか。。我ながら、もうちっと気を楽に持てばよいのにと。。

無駄に自分を追い詰めてまう。。


口では高田純次ばりのテキトー発言してるのに、

内心はやたらと考え込んでしまっている・・・?


普段は自信のなさを隠しているけど、

やっぱりどっかでそれが出てしまふ。。


依然、自分が迷子なんだなぁ。

こんちきしょーーー。
[PR]



# by riya-wan | 2010-05-02 22:15 | つれづれ

はっけん

今日、机を色々と整理していたら、
なにかとビックリしちゃいました。

その1
 ものすごく汚い。
 (うん、だから片付けたんだよね)

その2
 なんか日記でてきた。
 (なんだこの内容・・・病んでいる・・・)

いやいやびっくりした。
その2の方。

15のボクから手紙が来た感じです、アンジェラさん。。

本当に、「誰にも話せない悩みの種があるのです」的な内容で。。(笑)


・・・まあ、そんな時代があって、今があるワケで。

おかげで数倍強靭になったんじゃかな、と思いますが。(^^)

周りの人たちに感謝。
自分のもがきにも、、とりあえず「頑張った」って言いたいなー。


・・・そんなわけで、本当に机はきれいになったのか!?

そんな、愚問ですよ、お兄さん。(わ…わかんねぇ!ガビーン笑)
[PR]



# by riya-wan | 2009-08-13 22:19 | つれづれ

紅白

紅白見ました~!

森山さん、良かったですね~(^▽^)/

やはり、ああいう歌を歌い上げられるのは、
さすがは森山さん!ですよね。

御徒町さんの詩が深ければ、
森山さんの理解・表現力も相当に深い。。

なんだかジィーン…と心に響くものがあり、
ただの「感動」という一言で表すのとも違う、深い何かがあるような。。
…森山さんの歌は、ただ聴くだけに終わらず、
聞き手も考えさせられますよね(-"-)

直太朗に特に興味を持たない姉も、
紅白の森山さんの歌には、目を潤ませていてました。
(普段は滅多に感動することもない人なのでビックリ;^^)

直太朗のメッセージ、これからも色んな人に発信してほしい。。!
そして自分はそれを受け取ってゆきたいナ。(^-^)


…あ、アンジェラさんも、
「手紙」、やっぱりスゴイ曲ですね~。
じわじわと感動しました。。

アンジェラ「手紙」→直太朗「生きてることが~」 と
続けざまだったので尚更、二人の曲に じぃぃ~ん ときてしまいました。。。。。


やっぱり、心に響く曲はいい。。。(>_<)
そして、歌で感動させられる人はすごいですね…!!
[PR]



# by riya-wan | 2009-01-01 22:48 | 直太朗

ウォーリー

ディズニー映画、見てきました!


ウォーリーのかわいい恋愛。。

なんだかちょっと笑えちゃうって1コマが随所にちりばめてあって、
心も温まるストーリーでした。


考えさせられたのは、
意外にも環境問題。。

自分たちで汚した地球を捨て、
宇宙で快適な生活を送る人間たち。
全自動の生活で、例外なくメタボ体形(笑)。歩く事すら忘れてる。

さすがに極端な描画だろうとは思うんですが、
なぜか 無くもないような気がしてしまいました。。(;^^)ゞ

実際、もうゴミの廃棄場所に困り始めているし、
未来、地球がこれに近い姿になってしまうというのは、
ただの幻想ではないように思います。。

このストーリーでは、人間たちが最終的に立ち上がったことが救いですが、、
実際の人間たちも、せめてこのような内在能力を秘めていることを願いつつ。。


・・色々書きましたが、ウォーリーがなんとも愛くるしいです♪
子どもから大人まで、気軽に楽しめる映画ではないでしょうか??
見て損はないと思うので、迷っている方はゼヒ(^-^)ノ
[PR]



# by riya-wan | 2008-12-29 12:23 | 鑑賞(関心・感想)

容疑者Xの献身

見てきました。

特にガリレオ熱狂的ファンとかでもなかったんですが、
意外に結構おもしろくて、びっくり。


一番考えさせられたのは、
本当の愛するとは、っていうことかな。。

色々な愛し方があると思うけど、
自分の幸せよりも、心から相手の幸せを願う事。。
これができたら、凄いなって。

普通はやっぱり自分も一緒に幸せになりたいもの。
でも、もしそれ以上に相手が幸せになれるものがあるとしたら。
その時、自分はどうするんだろう。
相手の幸せを一番に考えられるかな。

相手の一番の幸せを考えたい。

…ただ思うのは、
相手にとっての一番の幸せが何か、っていうこと。
これはやっぱり、こっちが考える相手の幸せが、
相手にとってはそうじゃない場合だってあるんですよね。
ひとりよがりでない、相手の幸せ。。
実はそんなの、誰にも分からないんだろうけど。

まあなんだかんだいって、、
自分がいることで、相手が幸せになってくれたら。
…自分に相手を幸せにできるだけの力があれば。。
それが、一番の理想ではありますね。。


これは、色んな人が楽しめる映画だと思います。
おすすめですので、ゼヒ。(^-^)v
[PR]



# by riya-wan | 2008-10-31 00:20 | 鑑賞(関心・感想)

おくりびと

映画 『おくりびと』 見ました。

>> 主演: 本木 雅弘、 広末 涼子


人の 死 というものを、
しっとりと、底深く 表現されていました。

どこがよいのかと問われても、
言葉にするのがなんだか難しいような、
自分の言葉で汚してしまうのが、もったいないような感じ。。;^^


でもなんというか・・・
「納棺師」というお仕事が、
とても素晴らしいものに思えました。

人の最後の旅立ちを、
深い愛情をもって、丁寧に、送り出す。

自分の大事な人も、
そんな人に送り出してもらいたいですね。


その人との命の別れ、
絶望的な悲しさ。

その次に待つ 肉体との別れ は、
悲しみの次にある、大事な人を”送り出す”という気持ち。
その儀式は、この世にある者が、
自分の大事な人に最後にしてあげられること。
そしてその儀式はまた、残された者にとっても、
どんな形で その死が心に残ってゆくのかを、変えるもの なんでしょうね。。

命を持つ者の死でもって、より深くその命を愛しむ。

その死で初めて、これまでなぜもっと と後悔するのが人間だとしても、
それは 愚か なのではなくて、
そこで気付けることが、人間の愛しさなんだと思う。。


…とかって。;^^(笑)


涙無くしては見れない映画だと思います。
これはとってもオススメの映画なので、ゼヒ(*^-^)ノ
[PR]



# by riya-wan | 2008-10-07 16:18 | 鑑賞(関心・感想)

森山直太朗、映画…          ・・・その他、気まま日記。 
by riya-wan
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

最新のトラックバック

pictures of ..
from pictures of th..
lawrencevill..
from lawrenceville ..
amaral de di..
from amaral de dias..
motocycle ac..
from motocycle acci..
peas like th..
from peas like that..

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧